日商簿記2級の難易度と対策

簿記とは

簿記を取得する目的は人様々です。仕事で使う、就職に有利になるように、将来独立したいので簿記の知識を学びたいなど色々あると思います。では実際簿記を取得してどんなメリットがあるか考えていきたいと思います。

簿記の知識は会社、個人事業主、会社の規模、業種、業態問わずビジネスをしていく上で必ず必要な知識になります。法律に従って日々の経営状況の記録、計算をして財務状況を明確にする必要がありますので現在、これからもその能力が求められます。それゆえに簿記の有資格者は各会社で優遇される可能性が高く、資格手当てをくれる会社もあり、就職・転職にも有利に働きます。

就職・転職の為だけではなくキャリアアップとしても有効です。現在のような不況下においては会社組織としではなく個人の力が試され時代となりました。常に個人として能力を高めていかなくては会社員としても生き残っていけません。そんな中でも簿記の学習をしっかりとし知識を身に付ければ常に経営感覚をもち仕事をすることができるので、会社からも重宝される存在になるでしょう。

又経営者という観点からも必要になります。将来独立して社労士や行政書士、FP、司法書士などで事務所を開業したい方、起業して新しいビジネスを始めたい方にも簿記の知識は必須です。
会社員時代は経理のことを考えず働けばよかったのですが、独立した場合はそうはいきません。経営状況を図る上で財務指標は最も重要なデーターになりますから、しっかりと見方を学習しなければなりません。つまりこれから社会人として生きていく為には簿記の知識が何処かで必要となってくることがあるということです。

では仕事として活かしていくためには、どのような簿記の資格を取得すればよいのでしょうか。
現場ですぐに使いたいと考えれば2級以上を目指すことです。もちろん現場で経験を積むことも必要ですが、2級の知識があれば会社を運営していく上で一通りの知識を学べます。
又簿記の試験は3つの検定があり何処を受験すればよいか迷っている人もいると思いますが、出来るだけ日商簿記検定を受検してください。

他にも「全経簿記能力検定試験概要」「全商簿記実務検定試験概要」の検定もありどれも簿記の試験には変わりないないのですが、規模、知名度、就職・転職を考えれば日商簿記が断然有利になります。是非高い目標を持って勉強に励んでください。

この価格なら誰もが納得するでしょう!フォーサイト日商簿記講座