日商簿記2級の難易度と対策

失敗しない通信講座

昨年私の友人で日商簿記2級の試験を受ける為にある会社の通信講座を受講した男性がいました。その男性は、独学で勉強して受かる自身がなく、かといって専門学校に通う時間とお金がなかったので通信講座を受講したそうです。そして勉強しはじめてから約2ヵ月後にその彼が私のところに相談にきました。

通信講座を受講したんだけどさっぱり勉強がわからくて合格できる気がしないと。通信講座を受けて失敗したと彼は嘆いていました。それでは彼は何故通信講座が失敗だと思ってしまったのか?まず良い通信講座の選ぶポイントを説明する前に多くの人が陥りやすい失敗する通信講座選びについてご説明します。

彼が失敗したと言う通信講座は、CMや雑誌で宣伝していて名前も知っている有名な会社だったので、選んだそうです。通信講座を選んで失敗してしまう人のパターンは彼のように有名だからとか聞いたことのある通信だからといって選んでしまうケースです。

通信講座の場合、大手どころといわれる会社でもノウハウがないところが非常に多いので上手くはいきません。講座内容を熟知して選ばなくては通信講座は失敗してしまいます。その後彼は私が紹介した通信を受講したところ3ヶ月で日商簿記2級に合格いたしました。 しかしこれから勉強をする初学者では良い通講座を見極められないので、このページで選ぶ ポイントをご説明していきます。

教材を見極める

通信講座を選ぶ際に大切になってくるのが、教材の見極めです。通信講座で勉強するには教材は講師の役目も果たしてくれるので、わかりやすく丁寧に解説されているものでなくてはいけません。そのポイントはフルカラー・図表になっている、適度な量のテキスト、持ち運びに便利なサイズ、この4点が重要です。

まずフルカラーになっていれば重要な項目がわかり、何処を重点的に勉強すれば良いか一目瞭然です。図表になっていれば複雑な仕組みが早く理解できるので 勉強を効率よく進められます。又適度な量になっていれば合格するだけの勉強量でよいので短期間で合格できますし、持ち運びに便利なB5くらいのサイズになっていればいつでも何処でも気軽に勉強できるので忙しくて時間の取れない方には大変便利です。次に教材とリンクしてくるのですが、

講義を自宅でも体験できること

これは重要な要素の一つになります。テキストだけでは勉強に限界があります。講義を聞くことにより学習ポイント、内容の理解、勉強の効率がグンと増します。今DVDやCD、動画などで講義を体験できるので、自宅にいながらでも学校と同じ勉強が出来ます。しかも良い通信はそれ専用に収録しています。

これを使い基礎知識を覚えていくと断然有利です。特に工業簿記のように複雑な仕組みや流れを覚えていくにはとても役に立ちます。もちろんこれだけでは難しいですから、テキストと上手く組み合わせて勉強をしていきます。

合格までのカリキュラムを組んでくれる

これも大変重要です。勉強をしていくには流れがあります。どの段階で基礎知識を固め、どの段階で応用問題の勉強をするか、試験日までの日数を逆算してカリキュラムを組む必要があります。 ノウハウのない学校であればこれがわかりません。簡単に説明すれば前半の早い内に基礎知識をしっかり固め、残り期間は問題演習をひたすら繰り返すこれが基本です。このように適切なカリキュラムを組んであるところが良いでしょう。

質問・疑問に対応

これは何処でも対応してくれると思いますが必要になります。疑問があった場合に答えてくれるシステム又は最新情報を的確に伝えてくれるなどが必要になります。これに注意してなくてはいけないのが条件です。きちんとしているところはホームページや資料に内容を書いていますが、 駄目なところは実際にお金を払って受講しなくては内容が良くわからないところがありますから気をつけてください。

これらが失敗しない通信講座の選びのポイントです。どの項目が欠けていても駄目です。全てこれらに当てはまるところにして下さい。又ホームページ、資料に上記で説明したことを書いてない場合があります。その場合は直接問い合わせて下さい。 私の知っている限りではこれらに対応しているのはフォーサイトという通信だけです。 気になるようでしたら自分で確認してください。

資格の通信講座はフォーサイト

この価格なら誰もが納得するでしょう!フォーサイト日商簿記講座